歯科医で受ける治療法の種類について、詳しく丁寧に解説するサイト『歯科での治療法』

●●●インプラント●●●

【インプラント治療】

インプラント治療とは、自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工
の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
インプラントは固定性である為、自分の歯のように噛めるようになります。
インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られており、インプラントと顎
の骨がしっかりと結合すれば、 その上には丈夫で安定した歯を作る事ができます。
入れ歯では満足する事が難しかった「食べる」「話す」も、インプラント治療によりご自分
の歯と同じような感覚を取り戻す事ができます。

【何本でも可能】

歯を1本失った場合、失った部分にインプラントを1本埋入します。
両隣の歯を削るなど、健全な歯を傷つける事なく治療を行う事が出来ます。
歯を何本か失った場合も、従来は局部的な入れ歯を用いることで治療を行っていましたが、
インプラントを何本か用いることで、対応できます。
歯を全て失った場合でも従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療できます。
食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなこともありません。

【治療の手順】

最初にインプラント治療が可能かどうか等を診断し、治療計画をたてます。
可能であれば歯根に相当する部品を、顎の骨に埋入する手術を行います。
その後、骨とインプラントがしっかり結合するのを、3〜6ヶ月間待ちます。
しっかり結合したのが確認できたら、人工の歯の支台となる部品(アバットメント)を連結、
人工歯の製作、装着をします。
完了後は適切なケアと定期健診を行うことになります。

【最も重要な事】

天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。
不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。
良好な口腔衛生を保つ為には、定期的な検診と、毎日のブラッシングが必要不可欠です。